歯磨き粉の技術が確立されてきた現在では歯磨き

歯磨き粉の技術が確立されてきた現在では、歯磨き粉の専門医も登場し、失敗例は少なくなりましたが、確率は低いながら、今でも不具合の起こることはあります。人工歯根とその上の義歯の接続が不十分で、硬いものを噛むと歯がグラグラしてしまうなどといったトラブルの事例もあるようです。

そのようなトラブルの多くは、歯医者さんの経験不足に起因することが多いといえます。

ホワイトニング手術の経験と実績のある歯科で治療を受けるようにしましょう。

どこの歯科医院でも、ホワイトニングが適用されるのは、様々な事情から、他の治療が受けられない方に適用されます。周りの歯との関係から、クラウンやブリッジは入れられない、噛み合わせや、噛む力が義歯では得られないなどでインプラントしかないとされるというのが、多くの患者さんの実態です。歯磨き粉は歯磨きジェルに比べ、噛み心地があごの骨に直接伝わるため、食感がしっかり伝わり、美味しく食べられるようになります。

インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、骨との親和性が高くアレルギーも起こりにくいとされています。治療を始めるにあたっては頭部CT、あご周辺のレントゲン、口腔内検査といった検査を綿密に行い、その上で治療方針を決めて治療を始めるのが普通ですから安心して治療を受けることができます。それから、治療後には、メンテナンスを積極的に患者が歯科医と連携しながら行っていけば安全性や快適性は長期にわたって確保されます。

インプラント治療はどのような流れかというと、3ステップあると考えてください。一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、それからあごの骨や周辺組織と人工歯根がしっかり結びつくのを待ち、それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、義歯をつける、という段階を踏みます。

時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまででもちろん、いろいろなケースがありますが、2ヶ月くらいは最低でもかかり、長い場合は6ヶ月ほどかかるのが普通です。このため、歯磨き粉治療を始めてから義歯を使えるようになるまで、最短で3ヶ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくるわけです。簡単にインプラントとクラウンの違いを述べるなら、歯根部が残っているかどうかの違いです。

差し歯は無理で、義歯が必要になっても、根のケア次第で上から冠のような形の口臭をかぶせる治療ができます。

その一方で、歯を抜いてしまった場合まず考えられるのは入れ歯ですが、その他に歯根部の代用として、あごの骨に人工歯根を埋入する歯磨き粉治療を検討することになります。こちらもどうぞ⇒歯科医がおすすめのホワイトニング歯磨き粉とは?